人気ブログランキング |

また工房探し?! 〜ドイツで工房を借りる際の注意〜

ベルリン生活も4ヶ月半が経ち、今迄小さなトラブルも起こらず、怖いくらいとんとん拍子にことが運んでいってます

言いたいところですが。

ここでようやく(?)問題発生!!
昨年11月から借りていた陶芸工房の話です。(どう工房を探し当てたかの話









〜 工房を借り出すまでのこと〜

そこはとあるドイツ人女性(以下Cさん)個人の工房。
元々”シェア工房”として立ち上げた場所ではないので、オフィシャルに利用者を募っていたわけではありませんでした。
なので私から「工房を使わせてくれませんか?」と連絡が来た時には驚いたようですが、彼女にとっては殆ど使わぬ工房。貸してお金にした方がいいという判断だったのだと思います。
お互い信頼関係がまだなかったので最初の3ヶ月は試用期間にするということで合意。その後問題がない場合継続利用できるということで話が進みました。
この時、「Contract(契約書)は作らない」とは確かに言われましたが、当初その意味合いを知る由がなく、長期で借りるつもりもなかったこともありサラッと流してしまいました。




また工房探し?! 〜ドイツで工房を借りる際の注意〜_a0391804_02172796.jpg






〜状況が急激に変わる〜

試用期間も終盤を迎えた先日。
Cさんから連絡も一切なく、平穏に忙しく日々が過ぎ、もう数ヶ月ここで制作しよう!と決めていました。
そんな折、事業登録の関係上契約書の必要性に気付き、Cさんに契約書作成をダメ元で依頼します。で、二つ返事で断られます。笑
契約書の件を尋ねたをきっかけに「今月いっぱいで工房を出て行って下さい」とメッセージが。試用期間も残り1週間半というところで唐突にアンフェアな連絡でした。
制作途中の作品とか、購入したばかりの大量の粘土とかその置き場所とかその運搬とか今後の制作とかetc.etc.etc.etc.etc....
ヒーーー😂どうしよう
(物の運搬は友人の協力で何とかなりました)





〜契約書がなければ立場は弱い〜

何故契約書を作ってくれないのか。理由は他の工房のシェアメイトから聞きました。
Cさんは工房のある場所のオーナー(家主)ではなく、実は一テナント(賃借人)だったんです。
オーナーに許可を得ずして私達に又貸ししていたので、それでCさんの立場からもオーナーに契約書制作の依頼ができなかったというわけだったのです。
その後、シェアメイトが掛け合ってくれたおかげで「2月いっぱいまでなら工房を使ってもいい」とCさんから改めて連絡が。
でも、信頼関係を失った相手と関わるのは心労が大きいので、先月1月31日をもって退去することに決めました。
どんな背景があるにせよ、契約書がないとこちらの立場は弱いです。
これからドイツで工房を借りる人は(住居の場合も)事前確認は怠らないようにするといいでしょう。




また工房探し?! 〜ドイツで工房を借りる際の注意〜_a0391804_02200223.jpg
ドイツならではの器。バターディッシュ(Butterdoseという)




〜現状〜

作品を置く場所・販売する場所を同時に失った私ですが、
これもいい機会だ!と工房退去前にArkonaplatzという公園でフリーマーケット販売をしてみました!
準備不足ではありましたが色々と収穫のある日に。酷い雨でなければ今後も定期的に同じ公園で出店していく予定です(出店時はSNSでお知らせしてます)。
(ベルリンは週末になれば何処も彼処もフリーマーケットが催されているのでスタートアップの販路としては利用しやすい)

それ以外だと新しい工房を探していますが、中々いいところは現時点で見つからず。
こればかりはタイミングもあるので気長に待つしかありませんが、あまりにも期間が空きそうであればアルバイトをしようかとも検討中です。




また工房探し?! 〜ドイツで工房を借りる際の注意〜_a0391804_02164042.jpg
駆けつけてくれた友人




また工房探し?! 〜ドイツで工房を借りる際の注意〜_a0391804_02165418.jpg
この日は気温が1度くらい






〜最後に〜

ということでこんな空きができることも早々ないので、予定よりだいぶ早めですが明日一時帰国します。
新しい家族に会いに、そして陶芸関連の物を買うのが目的ですw(ドイツで同じものを買おうとしたら10倍以上の労力と時間がかかるので非常に面倒なのです)

では、また後ほど!




ブログランキングやってます→ Ranking


by chibamariko | 2020-02-03 02:24 | 工房